食事革命トップページ
スマホ対応
食事革命トップ

何もしないでいると がんは日本を滅ぼす
あの悲惨だった第二次世界大戦(日中戦争を含む)で亡くなった日本人は、8年間で310万人(年平均約39万人)。そして今日、がんで亡くなる日本人も年間で38万人に達しました。しかも、がんによる死亡者は右肩上がりに増加しており、来年にも世界大戦を上まわる死亡者数になることは間違いありません。
がんによる侵攻をくい止めるには、食に対する意識改革と続ける努力が必要になります。食品添加物を摂らない使わせない、水道水への農薬流入(農薬の森林散布)や野菜果物の農薬残留をなくすこと。さらには「本当に身体に良いものを摂取しなければ病気には勝てない」という情報発信をしてゆくことが、喫緊な課題となります。
食事から化学を排除する、食事革命、食事を変えれば病気に勝てる。その一例ともいえる闘病手記を、協会に寄せられた中から転記して本ページに紹介してゆきます。


食事療法で肝臓がんと闘う
広島在住71歳女性:FMさんから寄せられた報告
これは肝臓がんに侵された私の血液検査データです。病歴は、20年前にC型肝炎から肝硬変を患い、7年前に肝臓がんが発症して1/3を切除。6年前の検査では医者から「全治している」と言われました。
あれから2年たって検査してみたところ、再び肝臓にがんの影が見える。担当医からは「がんが再発している、切除手術はできない」といわれ、死を覚悟することとなった。
友人から「あきらめないで、食事療法をやってみたらどうか」と教えられ、藁にもすがる思いで食事革命を始めました。
抗がん剤の過酷さを経験している私にとって、この状態から抗がん剤を始めることは怖ろしく、食事療法を決心しました。(7/07郵送)

「食事革命」の食事メニューを続けています。沖縄で栽培しているアセロラと中国産きくらげ、地元で栽培している冬虫夏草、小松菜、水菜を買いそろえて、毎食少しずつ食べるようにしています。
経過ですが、あの吐き気や怠さが嘘のように消えて、腫瘍マーカーAFPは113から14まで降下してます。早く療養して、元気な顔を見せに行きます。(12/01/05) 
データ01
食事革命タイトル

鹿角霊芝アイコン 抗がん成分 Next アロー01


食事革命
Copyright (C) 2011/03/01-2015/10/05
一般社団法人 日本自然療法推進協会