パソコン対応
食事革命トップ
癌に負けない食材リスト
癌に負けない体を作るには、左図にある機能を強化しなければなりません。その為には以下に記載した食材をしっかり食べる習慣を身につけることが必要になります。
これらの食材を活かすのは腸内細菌ですから、食品添加物と食塩・加工油脂を使わない調理を心掛けます。そうすることで、左の6つの機能が強化され、体の働きが正常化されます。体が正常に働きだすと、驚くほどに、癌に負けない体が出来上がるということです。
腸内細菌を増やす自然食材
癌に負けない食事 食物繊維
食品添加物・食塩・加工油脂によって減少を著しい腸内細菌を活性化させる食材です。キノコには豊富な食物繊維とβ-グルカン、ポリサッカライド等の多糖体を含有しており、エシャロットには水溶性の食物繊維を多く含んでいます。これらの食材は、腸に入ってビフィズス菌やコッカス菌を増やす働きをしてくれるから、食餌を与えられた腸内細菌は、発酵によって様々な化学成分を産生するようになります。代謝に必要なエネルギーや酵素、美容成分、さらには、ガンに負けない体の中心をなす免疫成分も供給してくれます。
免疫細胞の代謝を促進するアミノ酸
海と山の自然タンパク質
タンパク質を構成するのは20種類のアミノ酸です。ガンに負けない体を作るには、アミノ酸をバランスよく摂取することが大切です。ガン細胞を攻撃するキラーT細胞、食べてしまうマクロファージ、好中球などの貪食細胞を活発に代謝させるのも、免疫システムを高めるエンドルフィンを生成するのも、バランス良いアミノ酸の摂取が決め手です。上手な食べ方は動物タンパク(上図左)、魚貝タンパク、植物タンパク、キノコのタンパク(上図右)を少しずつ、毎食確実に食べるとタンパク質が消化吸収されやすくなります。
免疫システムを向上させる食材
癌に負けないフィトケミカル含有食品
免疫システムとは、体内に侵入した異物やウイルス(細菌・ウイルス・ガン細胞・分離浮遊する臓器組織)を認識して、生体が持っている免疫力を活用し、除去してしまおうとする仕組みのことです。基本的に、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンDを多く含有する食材をコンスタントに食べることが大切です。
上記の食材のうち、冬虫夏草はエルゴステロールとエルゴチアネイン、ビタミンD。ニンニクはアリシン、キャベツはイソチオシアネートとビタミンU、アセロラはビタミンC,ショウガにはショウガオール、セロリはフラボノイドを豊富に含有しています。

酵素を活性させる食材
癌に負けないミネラル含有食品
酵素は生体が活動してゆくうえで最も重要な働きをします。食べた食品の分解と吸収、腸内細菌による成分の産生、各臓器への移送と代謝に必要な成分の合成、細胞分裂、アポトーシス、排泄にいたる全てに関与します。免疫システムを活発に働かすことは勿論、免疫細胞が活性化するのも酵素が不可欠です。こうした酵素は主にミネラル(ビタミン)とアミノ酸によって構成されますが、ミネラル豊富な海藻や貝類、レバー、加えて19種類の遊離アミノ酸を含有する冬虫夏草は、酵素の活性化には欠かせない食材です。

癌細胞増殖阻害成分を含む食材
抗癌成分を含有する食品
細菌増殖を阻害する抗生物質。この物質で代表的なのが、ブドウ球菌と青カビの拮抗部分に生成されるペニシリンです。これは怪我などで侵入してくる悪害細菌の活動を阻害する優れた成果を上げました。他にも、強力な腫瘍細胞増殖阻止力を持った抗生物質を含む食材があります。青カビと同族の冬虫夏草はコルジセピンという強力な抗生物質を含有、マツタケはMAP(マツタケ抗腫瘍タンパク質)を含有、、霊芝は有機ゲルマニウム、シイタケはレンチナン、キクラゲにはエルゴステロールとβ-グルカンとビタミンD、アガリクスはβ-グルカンを含有します。さらに冬虫夏草には、ガン細胞のアポトーシス(手術やレーザー治療に依存しない、細胞の自然消滅)を誘導する成分があるということも、いわれるようになりました。

癌発症アイコン 冬虫夏草アイコン 健康ショップ