中国武漢から、突如として世界に広がり始めた新型コロナウイルス。化学も医学も超越した未確認生物の猛威に、人類は為すすべもない。
 

 


  Ⅰ.新型コロナウイルス事件
 
生物細菌兵器研究室からウイルス漏洩 
中国湖北省武漢市、そこには生物細菌を研究する武漢国家生物安全実験室があった。この国家施設は2015年に建設が開始され、2年後に完成した強力毒性ウイルス専門の研究機関である。市街地より15キロ余りも離れ、鉄条網で仕切られた敷地のまっただ中にはコンクリートの塊のような地下壕と、地上には要塞が建っていて軍隊が配備され、2重にも3重にも警護を固めていたといわれる。ここではこれまでエボラ出血熱やニパウイルス感染症などの極めて重要なウイルス種の研究に携わってきたのだが、この度の新型コロナウイルス発生源といわれる海鮮市場「華南海鮮卸市場」は、この研究室から約12キロ離れたところにある。
コロナウイルスの最初の感染者は、ここの研究員だった黄燕珍さん(女性)だといわれるが、当局は「生存している」と説明しているものの詳細な情報は公表されておらず、消息安否も不明である。
海鮮市場関係者の話によると、研究室からは、飼育していて研究に使われなかったハクビシンやヘビなどの野生動物がたまに運び込まれていたが、まさかそれらがウイルス感染した動物であったとは考えもつかなかった、という。
 
ウイルス戦争の序曲かテロリストか? 
これを聞いた軍事の専門家は「害獣の生殖器でウイルスを保菌させたまま繁殖させて、広範囲に広がってからウイルスが休眠から目覚めると、付近一帯の害獣を一網打尽に殺戮することができる。武漢で行われていたのはそういう研究なのだろうが、そのウイルスが人間にも感染するとなると、想像を絶するほど悲惨な細菌兵器にもなりかねない」と、表情を強ばらせたという。 
シミュレーションしてみると野ネズミ数匹に培養したコロナウイルスを接種してこれを市街地(食品市場)に放つ。ネズミは元気に走り回り、幾多の子孫を街中にばらまく。1年もすると街の倉庫や床下や下水道の中には保菌したネズミが多数繁殖し、そしてある時期に休眠していたウイルスが目覚めると、数日のうちに街には野ネズミの死骸がゴロゴロと転がり、これらがウイルスの発生源となって都市に広がり国家に広がり、やがて関係する諸外国にも広がってゆくということである。
この展開はまさしく武漢そのもので、こうなるとミサイルも銃も兵も使わずして、アッという間に大都市のみならず国家も転覆させることができる。
ウイルス戦争の威力を熟知する専門家たちが誤って食糧用として横流しをするといった可能性はきわめて小さく、何らかの意図があって、病原体をばらまいた可能性(くすぶる陰謀説)の方がはるかに大きいといわれている。
 
素早かった中央政府の対応
武漢市民の鐘南山さんは、中国では高名な伝染病治療専門家である。鐘さんはウイルスの感染状態を調査して即座に異常事態だと判断し、武漢市封鎖を武漢市政府に進言している。しかし市政府は、都市封鎖の影響があまりにも大きすぎると見て決断を躊躇した。そして事実を公表したくない市政府は、真実を知る研究者や医師を処分するなど隠蔽工作に走ったが最初の感染報告から40日以上が経過した1月20日、タイ王国や日本でも感染者が出るなど感染拡大を押さえきれなくなって中央政府に報告したという。
中央政府の反応はきわめて迅速だった。武漢市政府の幹部たちを更迭し、即座に「感染蔓延の断固阻止」や「社会安定の維持を求める重要指示」という方針を発令。軍隊を投入して、湖北省の省都である武漢市(人口1100万人)を封鎖し、つづいて人口6000万人にも及ぶ湖北省全体を封鎖するという前代未聞の強硬措置をとった。
 
 
戒厳令がしかれた武漢の悲劇 
周辺に駐留する軍隊に「武漢封鎖」の号令を下し、およそ12時間後には市街地に出入りする道路や交通機関の全てがストップして完璧に1100万都市の封鎖を完了させ、同時に中央政府は、3000床におよぶ新型肺炎専門病棟を昼夜問わずの突貫工事によってわずか10日で完成させて、1500人の軍医を集結した肺炎封じ込め作戦を強行している。
一夜にして静まりかえった市街地大通りの歩道には新型肺炎を患ったと見られる老人がゴロゴロと横たわり、レストランもマーケットも閉まって食料品の入手が困難な状況におかれ、恐怖におののいた老夫婦が手に手を取り合ってマンションから投身自殺するなど、ウイルス戦争さながらの様相だという。
こうした中央政府の迅速で強硬な作戦をみればみるほどウイルス戦争下の戒厳令そのものであり、このことによって、このウイルス漏洩がただならぬ事態だと認識せざるを得ないのである。

第3次世界大戦はウイルス戦争 
事件を正しく理解するために、第3次世界大戦を想定してみよう。こうした危険性は、アメリカを初めとする多くの国家が持ち合わせているはずだ。
その第1はアメリカとイラン、そしてイスラム対反イスラム、イスラムスンニ派とシーア派、イスラエルとパレスチナ、シリアとトルコなど、このうちの2者が戦争状態になると中東・アラブ全体が一気に火を噴いて、第3次世界大戦が始まる。これらの国々の中で細菌兵器を開発しているのがアメリカ、イラン、イスラエルなど数カ国。大きな犠牲を払わずして勝利の道を探るとすると、交戦前の敵国に特効薬のない新型ウイルスをまき散らす作戦が一番だろう。
また弱小国が大国に勝利するというシナリオも見えてくることから、今後の国際紛争はウイルステロやウイルス戦争が主流になる、という見方が極めて高くなる。こうした新たな戦争が間近かに迫っていることを知らされたのが、今回の新型肺炎事件である。
もしもウイルス戦争になれば、今回の例でも明らかなように日本への感染拡大は免れない。その時、日本政府は国民を守れるのか、また我々は、どうやって自衛してゆけばよいのかを真剣に考えてみなければならない



Ⅱ.政府はウイルステロを防げるか
Ⅲ.新型コロナ・ウイルスの正体は 
Ⅳ.ウイルス戦争に備える自衛手段
Ⅴ.セレン酵素が活性酸素を抑える 

冬虫夏草_スポーツサプリ  食事革命サイトマップ

新型コロナウイルス事件の真相
Copyright (C) 2005/03/01-2020/11/12
FOOD INNVATION ORG.