肺胞で産生された二次代謝物質がリンパ節を破壊し脾臓へ侵入して免疫システムを壊滅。高等知能を持った新型コロナウイルスの正体を検証する。
 



 
 Ⅲ.新型コロナ・ウイルスの正体 

ウイルス専門家の方々へ  新型ウイルス提案
コロナウイルス第2波が襲来。次々と出現するウイルスに、これから製造する抗体やワクチンが役に立つのか、それとも他の自衛手段が不可欠なのか、理解できるように説明してください。

 自衛手段に関するご相談は右のアイコンを クリックして内容を記入してください。  

新型コロナウイルスとは? 
コロナウイルスは動物に感染するが、種類が異なる動物に感染することは稀である。人に感染するコロナウイルスは7種類見つかっており、SARS(重症急性呼吸器症候群)とMERS(中東呼吸器症候群)と今回のSARS-CoV2(新型)は重症化が確認された。   SARS-CoV2
他の4種類は一般的な風邪程度の軽症である。全般的にコロナウイルスは温度70度以上で死に、または70%以上のアルコールにも弱い。換気通風、体調の管理、こまめな手洗い、手指消毒、くしゃみや咳をマスクで遮断するなど、一般的な衛生管理がなされていれば感染することはないが、WHO(世界保険機構)からは「生あるいは加熱不十分な肉料理の摂取を避ける」といった注意事項もある。
 
中国政府が公表した感染者の病理診断 
中国国家衛生健康委員会は3月4日、新型コロナウイルスの感染者を診断したところ、肺では肺胞の出血や壊死がみられ、リンパ系臓器の脾臓やリンパ節細胞の縮小や壊死を確認。他にも心臓、肝臓、腎臓、脳細胞にも異常がみられたとする病理診断を公表している。
この発表からみると、
コロナウイルス(SARS-CoV2)が肺胞で増殖して有毒な二次代謝生成物を産生し、これがウイルスとともにリンパを経由して脾臓を直撃、さらに食事による経口感染も否定できない(クルーズ船感染)状況になってきた。 

恐るべきコロナウイルスの高等知能 
上述の病理診断をみていて、このウイルスの恐るべき能力を感じた。肺からリンパ節にさらに脾臓へと、免疫システムを司る細胞の縮小や壊死が確認されたことである。リンパ節とは、体内に侵入しようとするウイルスや癌細胞など異物を「抗体」をもって破壊し阻止する関所のような役割をもつ器官で、脾臓とは、ウイルスや癌細胞など異物の侵入から身体を守る抗体をつくる「リンパ球」を生成し、貯蔵する臓器である。これら免疫を司る臓器器官が一連の標的となっているということは、ウイルス自身が自己防衛的な戦術というか、高等知能を持ち合わせているのではないかという怖れを感じる。

コロナウイルスの次なる恐怖を予測 
もしも筆者の予測が当たっているなら、人類はさらなる恐怖と直面するだろう。
人類がウイルスを制圧する医薬を開発して新型肺炎を押さえ込んだと思ったときに勃発する恐怖、それは「変異」である。高等知能を持った動物がそうであるように「種の保存」という生まれ持った能力があって、制圧に耐えうる特性と能力(耐性)を身につけたコロナウイルスが、再び大感染を引き起こすという恐怖である。ウイルスと戦うために何年もかけて作り上げた抗体(特効薬)が、ある日、突然と効果がなくなる。
再び拡大しはじめるコロナウイルスの大感染を人類は追いかけるようにまた数年、さらに新たな抗体(特効薬)をつくるために、多くの犠牲を払い膨大な時間と費用をかけることになる。

コロナウイルスより怖いC型肝炎ウイルス 
C型肝炎ウイルス(HCV)の場合は、感染後約7週間の潜伏期間を経て急性肝炎を発症する。保菌者のほぼ6割が慢性肝炎へと移行し、肝硬変さらに肝臓ガンへと移行している。肝臓ガン死亡数は年間3万人を超えて今だに増加傾向にあるが、その8割、年間2万4000人余がC型肝炎ウイルスの犠牲になって落命している。悲しむべきは、今を持ってこのウイルスに対抗できる特効薬が開発されていないということだ。一方の新型コロナウイルスの場合は、大感染する恐怖はあるものの3月5日までの死亡者は6人(感染者数336人/クルーズ船除く)にすぎない。
政府関係者もマスコミも、ウイルスというものの認識を正確に持って戴きたい。そして休校だとかイベント禁止だとか逃げの政策に終始せず、ウイルスと正面から戦う姿勢を見せてほしい。武漢から始まったウイルス戦争は、これからが正念場なのである。

  Ⅰ.新型コロナウイルス事件の真相
  Ⅱ.日本政府はウイルステロを防げるか
  Ⅳ.ウイルス戦争に備える自衛手段
  Ⅴ.セレン酵素が新型肺炎を抑える 

癌メカアプリ がん対冬虫夏草 ウイルスアイコン 闘病記アイコン

新型コロナウイルスの正体
Copyright (C) 2005/03/01-2020/07/21
Food Innvasion 協会