新型の変異ウイルス、米で懸念広がる|ワクチン効果に影
 
ワクチン
 2011.02.26  日本経済新聞
【ニューヨーク=中山修志】米国で新しい変異型とみられる新型コロナウイルスへの懸念が広がっている。米国の複数の研究チームによると、新しいタイプの変異ウイルスはニューヨークとカリフォルニアの両州で確認され、新規感染者に占める割合が高まっているという。既存のワクチンの効果が低い可能性も指摘されており、米疾病対策センター(CDC)などが影響を注視している。
米コロンビア大医学大学院の研究チームは24日、新型の変異ウイルスがニューヨーク市内で広がっていると報告した。昨年11月に初めてニューヨーク市で発見され、2月半ば時点で新規感染の12%を占めているという。米カリフォルニア工科大の研究チームも同様の調査結果を報告している。

米メディアによると、変異型の感染者は平均年齢が従来型に比べて6歳程度高く、入院患者の比率が高いという。ニューヨークのマンハッタンやブルックリン、クイーンズなど都心部での症例が多い。
一方、カリフォルニア州では別のタイプの変異ウイルスが広がっている。米紙ワシントン・ポストによると、昨秋以降に同州で発見された変異型とみられるウイルスは州のほぼ全域に広がり、足元の新規感染の半数以上を占めるという。
米国の研究者らはニューヨークとカリフォルニアで広がる2種類のウイルスについてそれぞれ特異性を示し、「米国型」の新しい変異ウイルスである可能性を主張している。

CDCは現時点で両州で見つかったウイルスを変異型には指定していない。英国と南ア、ブラジルで発見された3種類のウイルスは変異型として感染状況を追跡している。ただ、CDCで遺伝子分析の責任者を務めるグレッグ・アームストロング氏は20日のオンライン会見で、「カリフォルニアで検出されたウイルスは従来のものより感染力が高い可能性がある」と言及した。

米国の新型コロナの新規感染者数は1月初旬の1日約30万人をピークに減少に転じ、2月半ば以降は平均10万人を下回っている。カリフォルニア大のチャールズ・チウ教授は「変異ウイルスの感染は急増しているが、全体の新規感染者数が減少傾向にあるのは好ましい兆候だ」と話す。
米メディアによると、英国型とみられる変異ウイルスの感染は全米45州で確認され、3月末までに米国で最も流行するウイルスになるとの見立てがある。変異ウイルスは既存のワクチンの効果が低い可能性が指摘されており、ワシントン大学の研究チームは変異型の増加について「集団免疫の高まりへのウイルスの適応を反映している可能性がある」と報告した。
バイデン米大統領とハリス副大統領は25日、就任後5000万回のワクチン接種の記念イベントに参加した。CDCによると、米国内のワクチン接種はトランプ政権時を含めて6600万回以上となった。バイデン氏は75歳以上の高齢者の6割近くが少なくとも1回のワクチン接種を受けたと説明。就任後100日で1億回を接種する当初計画に対し「予定より数週間(速く)進んでいる」と述べた。



ワクチンの安全性に不安、ファイザーワクチン接種後、死亡事故相次ぐ
 2011.01.17  Yahoo News
ファイザーが開発した新型コロナワクチンの接種後、死亡事故が相次ぎ、「ファイザーワクチンを接種してもいいのか」という疑問が上がっている。ノルウェー公衆保健研究所は15日(現地時間)、「国内でワクチンを初めて投与されたばかりの23人が死亡した」と明らかにした。ファイザーは声明を通じて「ノルウェー当局と協力して死亡者を調査している」とし「これまで発生した事件は警告を下す水準ではなく、予想した線」と説明した。

現在までヨーロッパで承認されたワクチンは数万人に臨床試験が行われたもので、試験参加者は80代後半と90代の高齢者もいたが、平均年齢は50代前半だった。各国は犠牲者が多く出た老人ホームの居住者に急いでワクチンを接種しているため、試験参加者より年齢層が高い。ノルウェーは約3万3000人にワクチンを接種しており、ファイザーワクチンが最も多い。

また、12日付のニューヨークタイムズによると、アメリカのフロリダ州の産婦人科医がファイザーワクチンの接種を受けてから16日後に脳出血で死亡した。同紙によると、ワクチン接種から3日後、内出血の兆候である手足の小さな斑点が確認された。すぐ救急室に移送され、コロナワクチン反応による急性免疫血小板減少症の診断を受けた。死亡した医師は健康で基底疾患が全くなく、薬物やワクチンにアレルギー反応を見せたこともなかった。 


Back

コロナウイルス・ワクチン|食事革命
Copyright(C)2011/03/01-2021/03/12
日本自然療法協会(FOOD INNOVATION ORG.)