スポーツ能の一つにエンドロフィンの生成分泌がスムーズになることがあげられます。この成分が馬軍団快挙の種明かしですが、猛特訓で身体が苦しいときにエンドルフィンが分泌されると、逆に快楽に変わってスポーツパフォーマンスが高まります。 

冬虫夏草の栄養を研究
BAR
スポーツ能を高める遊離アミノ酸
アミノ酸は、地球上に約500種類ほど存在しています。そのなかでタンパク質を構成するアミノ酸はわずか20種類で、これらが複合することで体内組織を形成しています。
遊離アミノ酸はタンパク質よりも、上記したジペプチドよりもさらに小さな単体のアミノ酸です。タンパク質を形成する20種類の他にも、血管拡張効果があるシトルリン、脂肪燃焼効果があるカルニチン、基礎代謝を促進させ肝臓の機能を高めるオルニチン、基礎代謝を促進しEDを復活させると評判のアルギニンなど、身体の機能を調整する様々なアミノ酸が発見され、注目され始めています。
しかし解明されているのはほんの一部で、恐るべき昆虫の筋肉のように、現代科学では想像もつかないような遊離アミノ酸の不思議があると思われています。昆虫の成分を含有するBGS冬虫夏草には、こうした遊離アミノ酸が豊富に含まれています。
冬虫夏草が含有する遊離アミノ酸 
 遊離アルギニン 258  遊離アラニン 123
 遊離リジン 102  遊離グリシン  17
 遊離ヒスチジン   51  遊離プロリン   46
 遊離フェニルアラニン   12  遊離グルタミン酸 457
 遊離チロシン 136  遊離セリン   61
 遊離ロイシン   15  遊離スレオニン   63
遊離イソロイシン   11 遊離アスパラギン酸 136
 遊離バリン    45 遊離トリプトファン    9
 (単位:mg/100g/日本食品分析センター)
ランニング・ハイを誘導するエンドルフィン
マラソンを始めて30分もすると苦しくて辛くて、肉体的にも精神的にも限界を感じてきます。ところが、この状態を通り越すと今度は苦痛という肉体ストレスが消え、気分良く走ることが可能になります。これを「ランニング・ハイ」といいます。
ランニング・ハイを誘導するのが、エンドロフィンをいう神経伝達物質です。注目のこの物質はBGS冬虫夏草の豊富に含まれる遊離グルタミン酸遊離アスパラギン酸を主成分に、亜鉛酵素が介在して小腸で生成され、脳下垂体に貯蔵されます。
アスリートが痛みや辛さを感じると脳が指令して分泌され、まるでモルヒネのように肉体ストレスを緩和することから、別名「脳内モルヒネ」とも呼ばれています。
BGS冬虫夏草にはこれら遊離アミノ酸が豊富に含まれている(上表参照)ので、エンドロフィンの生成分泌がスムーズになります。これが冒頭の馬軍団の猛特訓を産んだ種明かしですが、猛特訓で身体を虐めても、エンドルフィンが分泌されると逆に快楽に変わる。そうなると、柔道にもレスリングにもマラソンにも、スポーツパフォーマンスが向上してきわめて有利に働いてくれます。
細胞を修復するポリサッカライド
この成分はBGS冬虫夏草の成長した子実体に多く形成されます。冬虫夏草は菌糸細胞の集合体で各々の細胞は細胞壁で包まれ、さらに緩衝材で囲われた形状になっており、これらを含めて「マトリクス」と呼ばれています。オクラやモロヘイヤのドロドロの液体はムコ多糖体といわれますが、この冬虫夏草はドロドロではなくワックスのように固着しており、これを「ポリサッカロイド(タンパク多糖体)」といいます。
人体が猛特訓することによって、筋肉細胞周辺の多糖体やコラーゲンが不足すると、細胞の働きに支障がでて、傷ついたり癌を誘発するなど重大なトラブルに見舞われます。傷ついた細胞に再び多糖体やコラーゲンが生成されて、マトリクスが復元されれば正常なスポーツ能が回復してくれます。アスリートの筋肉・骨格は、冬虫夏草を食べながら猛特訓することで内からガッチリとアスリートをガードします。
冬虫夏草とミネラルの相乗作用 TAP
アスリート絶賛、故障・病気・スランプを回避するためのサプリ学

アロー01 1 2 3 アロー02

スポーツパフォーマンスを高める冬虫夏草の成分
Copyright (C) 2015/03/01-2019/09/17
フーズ・イノベイション協会