社会貢献ビジネスで世界にはばたこう!
あの悲惨だった第二次世界大戦(日中戦争を含む)で亡くなった日本人は、年平均39万人(8年間で310万人)を数えます。そして今日、癌で亡くなる日本人も世界大戦とほぼ同じ、年間で38万人に達しています。しかも、癌の死亡者は右肩上がりに増加しており、来年にも、世界大戦を上まわる死亡者数になることは間違いありません。 こうした癌による侵攻を、誰がくい止めるのでしょうか?

日本政府はアメリカ圧力があって抗癌剤治療を「NO」とは言えないし、近代医学者たちは癌の侵攻を阻止する立場ではなく、逆に侵攻された患者から金を儲けるのが仕事です。
ということは、日本では誰も「癌を阻止しよう」とは思っていないということです。だから、過去50年間で癌による死亡者数が4倍に膨らみ、太平洋戦争の死亡者数と並んだのです。
だとしたら、過去に肉親を失った被害者である私たち国民が、力と英知を併せて癌をくい止めねばなりません。このまま何もしないでいると、我が子や可愛い孫たちが癌になって途方に暮れるだけでなく、アメリカのように医療保険制度が崩壊した社会に暮らすことになります。



冬虫夏草で起業支援
Copyright (C) 2011/03/01-2017/06/14
一般社団法人 日本自然療法協会