農業やキノコ栽培にリサイクル・エネルギーを活用することは公害にあらず、地球環境をまもり気象変動に対処する最大の策である。 SDGs_13

海洋プラスチックが健康をもたらす?



①電熱式プラスチック分解処理装置
処分に困る海洋プラスチック類、漁網や発泡スチロールなど、塩分を含んだプラスチック類がたまってゆきます。これを分解処理して得たリサイクル・エネルギーで、冬虫夏草や貴重な薬用植物を栽培します。冷暖房・換気の電力として、年中、ハウスが稼働できるハイクオリティ栽培システムが安価で実現できます。

ソーラーシェアリングを成功させる
ソーラーシェアリング
農業用ハウスは3~5年で取り替え、トンネル栽培やマルチシートは毎年、取り替えねばなりません。これらプラスチック類を利用したリサイクルエネルギーシステムを営農型のソーラー発電所に導入すると、高級花卉、冬虫夏草、シイタケ、いちご等の栽培が実現します。また、夏期の低温栽培には、熱交換による大きなエネルギーが必要なので、慎重に計画する必要があります。

②密閉式ドームハウス栽培
冬虫夏草と完全無農薬栽培
極寒・酷暑の地域にお勧めのドーム型栽培システムです。分厚いポリスチレン系の断熱材で作られているので、僅かな冷房暖房で、冬虫夏草やランなどの高級植物が栽培できます。
使用済みプラスチック類を利用したリサイクルエネルギーシステムをセットすることで「二酸化炭素排出ゼロ」栽培も可能となり、環境省が関係する補助金対象となることもあって、儲かる農業が実現できそうです。
冬虫夏草栽培 内部
新素材の使用で完全無農薬栽培が実現、建築確認申請が不要だからスピード設置。天窓・壁窓・出入り口は、パーツで組立する(下)から自由自在です。
地震や台風で倒壊する心配がなく、密閉式だから安全・衛生的で、そのうえ、耐久性は25~50年と半永久的です。
栽培キッド

③HHOガスを活用するプラスチック消去法
協会では水の電気分解から得られる水素ガスと酸素ガスを活用してプラスチック分解が出来るという理念のもと、事業化(基本図面の段階)を進めています。しかしこれは世界的な大発明なので、事業化に向けては多額の予算と協力者を必要すると思います。皆様のご協力をお待ちしております。

社会貢献アイコン 冬虫夏草について真相 川浪講演 食事革命アイコン


みんなでつくろうSDGsな社会

クリーンエネルギーを利用する冬虫夏草の栽培
Copyright (C) 2011/03/01-2020/06/08
フーズ・イノベイション協会