冬虫夏草の栽培法を確立|川浪開発記

冬虫夏草台湾編中国編日本編

癌にリベンジが始まった(中国編)

台湾から中国遼寧省へ 

川浪一族と中国の縁は深い。
祖父・武次は有田焼で有名な佐賀県有田町から、日露戦争の終結と同時に中国に渡り、不動産開発の事業を始めたという。満州国が建国されると多くの日本人が満州に渡り、祖父が建てた居宅を買ったそうだ。
そして父親が誕生して5年後、大正8年に祖父は落命したといわれているが、誰も骸は見てないし死因すら分かっていない。ただ言えるのは、ただ者ではなかったということである。
父親が産まれて太平洋戦争に敗れるまで、武次と一緒に中国に渡ったという従兄弟の川浪勝一が、毎年のように桑折(こうり)箱いっぱいに詰められた満州紙幣を何個も馬車に積んで届けに来たという。そのお陰で、祖母・コトメと父親は広大な家に住み、鞍山市に学校通学用の別邸を持ち、使用人を5~6人も雇って何不自由なく贅沢に暮らしていた。
遼寧省の中心位置・大石橋市(ダァシィチャオ)の満鉄駅から北に、馬車で1時間たらずの街(現在の海城市中小鎮付近と思われる)に生家があったと、祖母は光を失った眼に涙を溜めながら話していた。

母親の父は、広島県警察可部署の青年幹部だったようである。ソ連国境に入植する日本の武装移民団を警護する任を負って、黒竜江省佳木斯(チャムス)の副市長として赴任。終戦直後に南下を始めたソ連軍の楯となって入植者たちを逃がし、その後に、捕まって銃殺されたと記録に残る。しかし、先に逃げたはずの祖母と母親の兄弟たち4人も、生死すら確認できていない。

その中国政府共産党に川浪が招かれたのは、台湾大地震が起きる2年前の97年6月20日、その日はちょうど48歳の誕生日だった。
「中国食用菌協会で食用菌(キノコ)の世界探訪について講演をお願いしたい」とのオファーが党幹部から寄せられて、何かに強く引かれる思いで中国の土を踏んだ。
政府官僚、共産党幹部、食用菌学者、培養技術者らで構成する組織の協会員が約300人ほど集まって「過疎地を再生する薬膳食用菌」の話を興味深く聞いてくれた。
以来、2年続けて講演をこなしてキノコの道では有名人となり、各地に友人が出来た。内蒙古や河南省政府からも招聘が入ってきて、川浪が訪てゆくと政府、党幹部ともに喜び、昼も夜も豪華料理三段重ね(回転テーブルに料理皿を並べ、その皿と皿の上に二段目の料理、またその上に三段目の料理が重ねられる、もっとも豪華な設営)の宴会を催し、五粮液(ウゥリャンイ)という最高級白酒の「乾杯」を夜が更けるまで重ねた。
地方政府の幹部たちは、喜んで川浪と合作(パートナーとしてビジネスを始める)してくれるだろう。台湾も中国も、川浪が提唱する「大きのこ村構想」への協力を約束してくれている。これからは、台湾~日本~中国の往来がより頻繁になるだろう。そうなると、中継点として日本にもオフィス機能が必要となる。
そして福岡に日本オフィスを設けたのは99年7月、大地震勃発の直前だった。発展を続ける「きのこ村ネットワーク」日本の活動拠点として、福岡空港至近にマンションを借りた。
取り敢えず大きな会議用の机と椅子6個、電話FAX兼用機、それと、奥の部屋で宿泊できるようにパイプベッドを用意した。これからおいおい、事務用品や生活備品を揃えてゆこう。
大地震の起きるほんの1ヶ月前には、とてつもなく大きな夢を描いて、その実現に向けて邁進していたのである。

そのオフィスに、台湾から、ビジネスも夢も希望も人脈も失って身も心もズタズタになった男が辿り着いていた。大きのこ村構想の軸となる大切な台湾プロジェクトを失ったダメージは深かった。
「これから何をしてゆけばよいのか・・・」
会議机の前に座って茫然としていると、突然、デスクのFAX機がカタカタと軽い音を立て始め、書き殴ったような荒っぽい字が見えた。
FAXの送信者は、父親が生まれ育ったという大石橋市にほど近い、海城市政府の通訳代理人・曹彦楓からである。
「全人代(全国人民代表大会)の政策の一環として、過疎地の振興にキノコ栽培を取り入れたい。是非とも、政策顧問として指導してほしい」
偶然なのかも知れないが、まるで何処かで帰国を見ていたような、絶妙のタイミングである。
この政府の青年幹部たちとはとくに親しく、幾度となく盃を酌み交わした。父親が産まれた家の近くだという安心感なのか、何か懐かしい匂いのするような、何か心が沸き立つような想いも重なっていた。
断る理由など有るわけもない、川浪は勇躍、中国に渡った。

広大な自然と向き合いながら取り組もうとしたのが冷暖房不要の椎茸菌の研究開発、そして生産者が増える段階で乾シイタケ国際市場を開設し、運営するという「大きのこ村構想」の推進である。
遼寧省・吉林省・黒竜江省・内蒙古という寒冷地4省の過疎地にこの耐寒用のシイタケ菌を普及し、花どんこ(大分県シイタケで有名)を栽培させる。日本で生シイタケが採れない夏期に、ぷりぷりの肉厚シイタケを輸出し青果市場に供給。秋~春には乾シイタケを作らせて、大連周水子空港または瀋陽桃仙国際空港からほど近い場所に国際市場を開いて、台湾、香港、シンガポールなどから訪れる華僑のバイヤーに販売するという、川浪が立案した壮大なプロジェクトである。
トウモロコシの生産に陰りが見えてきた寒冷過疎地の農民経済復旧はこの一手しかないと、党の幹部たちも着目した大構想が、いよいよ具体化することになったのである。
着任から数日後に地方政府が「大きのこ村構想」の事業化を決定し、大きな予算を投じることとなる。哈爾浜(ハルピン)に向かう高速道路ICを下りてすぐ右の広大な用地に216万菌床を栽培する栽培ハウスを建てて、いよいよプロジェクトの第1幕が切って落とされた。

日本にPRすると、日本農業新聞が大々的に報じてくれて、それをきっかけに商社、食品流通業者などが続々と視察に訪れることとなった。川浪はツアーを組んで、これに対応することになる。
「中国遼寧省キノコ村商談ツアー3泊4日、参加費1人15万円」、往復航空券(羽田・関空・福岡発着)・中国4つ星級ホテル宿泊・豪華海鮮料理など全食事付・一流カラオケクラブ2夜・マイクロバスと、全て含んでこの価格である。航空券往復は川浪が払って、中国の宴会費とホテル代は地方政府が持つ取り決めだった。
豪華すぎるツアーとの噂が噂を呼んで、申込みが殺到。毎週20~30人が参加して、マイクロバス1台では間に合わない時期もあった。
航空券を団体購入で5万円余、その他もろもろの出費は有るものの、残った8万円近くが川浪の実質収入となった。その上に、プロジェクトへの出資を希望する企業や個人もあって、わずか1年足らずで8000万円余の軍資金が集まった。
これを資本に、現地の政府幹部と合弁合作(事業のパートナーとして資金を出し合う)する、そしてシイタケ商品加工場に日本の技術を導入するヤードを設備すればよいという道筋が、明確に見えてきた。
00年9月、これらの事業と輸出を一手に担う公司を日本独資(日本人の単独資本)で設立する運びとなった。大連市西崗区新開路に大連渓流国際貿易有限公司を、海城市には海城渓流国際貿易有限公司を設立して、どちらの公司も川浪が董事長総経理(代表取締役社長)に就任。日本さらには世界に向けた本格的な歩みを開始した。
それは、あの悪夢のような台湾大震災の、わずか1年後のことである。
プロジェクトがスタートして18ヶ月、01年4月12日。計画と寸部も狂わずに収穫が始まり、春祭と間違うほどの多くの農民たちが参加して選別、トレー盛りつけパック作業が始まった。最新鋭の日本製自働パック機が高速でうなり、次々と生シイタケをパック包装してゆく。
これから150日の間、全216万菌床から約650万パック(200g/パック)の商品ができる。この品質なら、日本の厳しい要求にも充分に対応できる。大成功だ、危惧することは何もない。

大連貿易港を見下ろす高台に集合した川浪と政府幹部たちは、記念すべき第1船、どんこシイタケ6万パックを積載したコンテナ船が門司港に向けて出航するのを見送った。
低く太い汽笛を鳴らし、茜色の夕陽をあびながらブゥハイ(渤海)の水平線に消えてゆく船を、暗くなるのも忘れて眺めていた。
これから、日本でシイタケの収穫が始まる10月までの5か月間、毎日3コンテナもの花どんこをパック包装して出荷する。夏の暑い時期に、肉厚の「どんこシイタケ」なんて見たことも食べたこともない日本の人たち。しかも、極寒地のクヌギをチップにして発生させるのだから、弾力性と豊かな芳香、グアニュール酸がたっぷり詰まった極上の味覚である。
日本で人気が高まることは間違いない。しかもこのシイタケ、絶体に他社では真似が出来ないオリジナル菌種である。
「夏期のシイタケ市場は、俺が握った」と水平線に消えていった船を目で追いながら、川浪は満足の笑みを浮かべた。そしてその時には、頭の中に1片の冬虫夏草も存在していなかったのである。 


夢を砕いた日本のセーフガード

日本の荷受け会社から緊急連絡が入ったのは、出航から3日後の01年4月17日だった。
「日本政府が今日、セーフガードを発効しました。関税が200%もかかるから引き取れない。コンテナをそのまま大連港に返します」
・・・何を寝ぼけたことを言ってるのか、セーフガードってなんだ。今日の今日まで聞かされてないぞ、そんなこと初耳じゃないか。
川浪は電話口で怒鳴った。

まるで悪夢でも見ているようだった。台湾を引き上げてからすぐ、99年10月から始めた中国きのこ村プロジェクト。以来18ヶ月の間、全知全霊を傾けてきたシイタケ生産基地。極寒の冬日には、菌床を凍らせないよう、栽培ハウスの屋根に登ってムシロ掛けの陣頭指揮をした。小さなシイタケの芽が出ると、薄暗いハウスの中で3~4日も立ちっぱなしで、農民たちに袋切りの方法を指導した。収穫したシイタケの選別、トレーの盛り方、レッテルのデザインも全て日本市場向けに行った。この子たち(シイタケ)が日本のスーパーマーケットに並んで、焼鳥屋の籠の中にもどさりと盛られ、その香ばしさと食感に、客からは感嘆のため息がもれることだろう。
そんな想像を膨らませながら頑張ってきたのに、数百トンを出荷するつもりが、たったの1パックも日本に上陸することもなく、コンテナのまま大連港にUターンするというのか。
事情を調べてみると、中国南方産の安いシイタケに悩まされていた群馬県のシイタケ栽培業者から選挙で組織票を集めようとする参議院議員が仕組んだことだと分かった。
そんな馬鹿なこと・・・
日本のシイタケ栽培者に迷惑を掛けているのは中国南方、福建省や浙江省の産地からシイタケを買い付けている日本人バイヤーだろうが。
しかも、そちらの収穫は10月から翌年3月だから日本のシイタケ収穫時期と重なる。
だけど、このセーフガード(輸入制限)は、福建省や浙江省の出荷が終わる4月から始まっているではないか。4月からは日本もシイタケがなくなるし、他の南方シイタケの輸入もない。
ということは、恐らく、中国政府に気を遣って影響がない時期を狙ってセーフガードを発効したに違いあるまい、ゆわば見せかけの制裁なのだ。
しかしながら、そのとばっちりが、全て、日本人の川浪に向かって来た。
「馬鹿げてる、あまりにも理不尽な・・・」
早速、日本に飛んだ。
農林水産省林野庁と掛け合っても、通産省と掛け合ってもビクともしない。思いあまって、前総理で財務大臣だった宮沢事務所に飛び込み、ちょうど居合わせた大臣に直訴した。
「どうしてもやりたいというから、それならおやりになったら、と言ったよ。あとで後悔するだろうけどね」
大臣はニヤニヤ笑いながら応えてくれた。

冷たい霧雨が降る永田町を、とぼとぼと歩いた。
「もう、諦めるしかないな」
またもや、大成功を目前にして一挙に崩れ落ちてゆく成功成就の道。大地震による一夜の瓦解、続いて予想だにしなかった日中政治の障害。
50才を過ぎて、行く手に立ちはだかる正体無き巨大すぎる壁。3年間で2度に及ぶ大きな挫折と屈辱を経験するとは、何という異常事態、何という運命なのだろうか。しかも、異国の寒空の下で身に降りかかった致命的な大敗北である。
残される道は・・・?
川浪は考えた、何もかも放り投げて日本へ逃げ帰るか、或いは、意地でも中国にへばりついて、遮二無二、キノコをやり続けるかの二者択一だ。
でも、逃げるわけにはいかない。セーフガードで大きな迷惑を掛けた地方政府との問題を解決しなければならないし、日本からの出資者への対応もこれから始めなくてはならないのだ。
結局、川浪は中国に残る道を選んだ、いや、厳密にいうと、選ばざるを得なかったということだ。

プロジェクトの後処理が始まった。売り先を失ったシイタケ数百トンが谷に廃棄され、豚や野鳥のエサになったと聞く。不幸中の幸いというか、地方政府との約定も日本の出資者との契約でも、両国政府の貿易摩擦が原因となる契約不履行には、賠償も弁済義務も免れるようになっていた。
しかし、川浪は可能な限り全ての手持ち資金と合弁資産、営業財産を弁済に充てた。
「どうせ裸一貫で中国に来たんだ・・・」
そして整理がほぼ終わった時点で、公司に残った金は10万人民元(150万円)にも満たなかった。
外国では「金が無いのは首がないのと同じ」だと言われる。 どうやって立て直したらよいのか。失望落胆の崖っぷちに追いやられて、毎日毎夜、思案が続いた。何かが欠けていたのだろうか。全身全霊を注ぎ込んだはずの川浪に、何の落ち度があったのだろうか。いいや、何も失敗もしていないし先読みを誤ったわけでもない。しかしながら原因を見つけださないことには、再起しても、また同じように瓦解してしまう。
好調だった台湾プロジェクトはなぜ一夜で崩壊したのか、また、中国きのこ村構想は、なぜ、完成を見ながら一気に瓦解したのだろうか?
プロジェクトの正当性、資金の集まり具合、スタッフや協力者、ノウハウ、地の利、販路、川浪の打った手には絶対にミスはなかった。
とすれば残る一つは、運命なのかもしれない。

「運命」という、今まで見たこともなかった巨大すぎるパワーが、おぼろげながら頭に浮かんでは消えた。そういえば台湾では鮑魚菇(あわびたけ)という阿里山に自生するキノコを菌床にしたてて日本に輸出し、軌道に乗せたと思い込んだその時点では、父親に誓ったリベンジの言葉も冬虫夏草のことも完全に忘れ去って、甘い夢を見始めていた。
そういえば、中国に来てもそうだった。中国きのこ村プロジェクトが成功する道筋で、父親に誓ったリベンジの約束も、冬虫夏草の研究という生涯目標も完全に頭の中から消え失せて、ただただ慢心して自己満足に浸り切っていた。そして、絶頂を掴み取ろうとしたその時に襲いかかってくる、大どんでん返し。
あまりにも冷酷すぎる結論。これはらみな「運命」という巨大なパワーに翻弄された結果なのだ。

そういえば、あの時もそうだった・・・
川浪は、若かりし頃の広島の記憶を辿っていた。事業を拡大しながら政治の道を志し、となり町のY市議会議員の集票マシンとなって政治活動のスタートを切ったのが28才の時。
行動力、運動員らの統率力と演説度胸が認められて青年部会長に出世。その時の国政選挙で応援したのは、建設省トップ(事務次官)から転身されたA候補だった。悠々と大勝するとみられていたが、結果は落選。
その翌日、残務整理でA先生の事務所に伺うと、それまでは話もできなかった先生と親しく話ができた。
「負けちゃったね、広島は私を必要としてないのだろうか?」と寂しそうにつぶやいた。
「そうじゃありません、選挙戦術が失敗だった。まさしくガス風呂選挙ですよ」
「何ですか、ガス風呂とは?」
「上だけ熱い、下はずっと冷たかった。正直、私だって気持ちはあっても何も出来なかった」
選挙戦術に対して、川浪なりの想いを話した。
上とは建設業界や土建屋の社長のこと、下とは実際に投票してくれるお爺ちゃんやお婆ちゃんのこと。この度の選挙で汗をかいたのは、上の人たちだけで、下の人たちは、先生の顔も見れないし握手もしたこともない、だから投票をしなかったと、長時間、遠慮気兼ねなく話をした。
そして最後に「今度は絶対にガス風呂選挙にはさせませんから、もう1度立ってください」と。
そして迎えた2度目の国政選挙。
川浪は、地域のお爺ちゃんお婆ちゃんの側の世話役となって活躍させてもらった。地元の舟入6ヶ町だけでなく、隣町の江波、神崎、川を隔てた吉島や光南にまで足を延ばして支援を取りつけ、そして見事にぶっちぎりのトップ当選を果たしたのだった。
川浪をA代議士は大いに認めてくれて、堅い絆で結ばれることとなった。そして広島1区を代表して自民党本部青年部会に推挙され、党大会に臨んで自民党施設で政治の勉強を始めることになる。
三度目の国政選挙でも、辣腕を発揮させてもらった。A候補のご家族を連れてまわっては、地盤を次々と拡張。そして選挙後に、地元の町内会長や婦人会長、長老らにも背中を押されて、県議会議員選挙に立候補する腹を固めていた。
「親父のように広島の発展に寄与したい」
生涯、県議会議員を貫き通す所存だった。

集票につながる活動も活発に行った。
広島市の芸能文化を支援する「由友の会」という民間団体を立ち上げると、他の選挙区の県・市議会議員や広島市中区に支店を置く大手企業や団体も参加してくれた。羽田別荘という地元ガーデンに企業や住民を集め、広島交響楽団を招いて盛大な演奏会を催し、その収益全てを運営に苦しむ楽団に寄付したことも好印象だった。
そんな時に起きたのが、町内で勃発した居直り強盗事件である。たった一人で前科13犯の男を追い詰めて捕まえ、これがテレビや新聞で大きく報道されて、勇気と強さも評判となった。
根っからの叩き上げだから、ローラー作戦なる票の掘り起こしも得意中の得意。さらに、票が伸びない際に行った数々の工作(これは今でも絶対に公表しないけど)も率先垂範していた。
その県議会議員選挙は広島市中区で定員2名、東半分を地盤とする現職1名と、西半分を取りまとめる川浪と。中間地点で現職のN先生は、早々と川浪に「引退支援」を表明してくれていた。とすると川浪は、およそ7万といわれる大票田にただ1人、立候補することになる。
ここで他の誰かが立候補したとしても1万2千票をかき集めれば勝てるのだから、目をつぶっていても当選するという確信があった。いやいや選挙の専門筋によると、人気と人格に優れたA代議士をバックに立てば、競合しようとする相手は誰もいない、という見方をしていた。
市内高級住宅地に4階建てのビルを建て、3階に政治活動のためのフロアをキープ。立候補の意志を誰にも喋ってないのに、選挙が近づくに連れてぞくぞくと支援者が集まってきた。あとは2ヶ月後に迫る選挙を待つだけだった。
事業の方も、一つの区切りをつけていた。20年間、夢にまで見た無借金経営を実現し、その上に、バブル崩壊を予測して、高騰した土地を市に売却。大きな利益も転がり込んで会社も安泰だという時に、全てを兄に譲って政治活動に専念することにしていた。

そういえば、あの時もそうだった・・・
有頂天になっていて、今わの際に父親と交わした「必ず癌にリベンジしてみせる」という誓いなど、完全に頭になかった。そしてその矢先、いわば人生の絶頂にあるべき時に、予想だにしなかった「大どんでん返し」が起こったのである。
人気・信用・実力・資産・人脈など鉄壁だと思った20年の蓄積がわずか10日間で瓦解して、立候補を断念せざるを得なくなり、広島を去る覚悟を迫られることとなった。女性交遊とか、汚れた関係がらみの問題ではない。全く予想だにしなかった、宗教戦争なのである。
キリスト原理主義を信奉する妻や子らは、政治家のことを「サタン」といって忌み嫌う。そんな家族に「立候補」の意思を打ち明けた直後から、猛烈な妨害活動が始まった。信者数人を引き連れ、支援者となってくれる長老たちの家々をシラミつぶしに歩いて廻った。そして「狭き門(宗教)に入ってほしい」と勧誘し、何時間も粘るのである。
度重なる勧誘に、長老たちがブチ切れた。
「選挙も宗教も、どっちもさせるんかいね?」と厳しいブーイングが巻き起こったのである。
怒りに身が震え、12年にわたって耐えに耐えてきた最後のセリフが口をついてでた。
「我慢できない、別々の道を歩もう」
これが、家族崩壊の言葉となった。
あの頃は、選挙といえば「内助の功」を必要とした時代である。候補者の妻はペコペコとお辞儀しながら、時には笑って時には涙を流して主人をもりたてる。ところがキリスト原理主義者らは、足を引っ張り引き倒してまで神の道理を貫いた。
大恥をかいて、馬鹿にされながら広島に住み続けることは出来なかった。財産を放棄して、後を振り返ることもなく広島をいや日本を飛びだし、何かに導かれるように向かったのが台湾阿里山。
そして、冬虫夏草と出会う。
ということは・・・
「癌に打ち勝つ何かを見つける」と、オヤジと約束したじゃないか。そして冬虫夏草を見つけたんだろう。それなのに、何で冬虫夏草と離れようとするんだ。
自分自身の叱咤の声に、ハッとなった。
そうか、自分と冬虫夏草の間に強い運命の糸が絡みついているのだな。冬虫夏草を待ち望む多くの人たちの想いが太くて強力な糸となって、運命を操っているのだろうと気づいたのである。
「面白い、トコトンやってやろうじゃないか」
この先も、大きな壁が待ち受けるかも知れない。でも、絶対に冬虫夏草を諦めない。優秀な冬虫夏草を培養して日本に持ち帰り、誰もが食べられるようにするんだ。そして必ず、癌にリベンジしてみせる。
川浪は意を決した。 


冬虫夏草はやはり神秘だった

中国きのこ村プロジェクトの後始末が済んですぐに、有り金をはたいて、大連空港からほど近い甘井子区山東路の裏通りのマンション、地下一階に研究室を設けることとした。
来る日も来る日も、いろんな昆虫に冬虫夏草の組織を植えつけるという試験を繰り返したが、自然界とどこがどう違うのか何が悪いのか、髪の毛のように細い子実体がチョロチョロと伸びるものの、自然のさ中で見つけたあのプリプリした元気いっぱいの冬虫夏草は出現しない。
これでは台湾の頃の研究と変わらず、自分が食べてみたいと欲するものも満足に確保できないのだから、目指している日本での大規模栽培など、夢のまた夢である。
またまた挫折感に襲われて「やはり、神秘は神秘なのか。人工栽培は無理なのか」と諦めがよぎって、次第に頭脳の構造が緩んでいった。

昼間から、黄河路と新開路の交差点にそびえる珠江国際大厦1階の「肥牛しゃぶしゃぶ」で、青唐辛子の腌制緑辣椒(ピクルス)をつまみながら生ビールを煽り、部屋に帰って少し眠ると、夜は夜で人民路・海橋大酒店の2階にオープンした日本料理店「大江戸」に行って、醤油辛い「きんぴらゴボウ」を肴に、内モンゴルで蒸留したという焼酎を乾す生活が続いた。
夢敗れ挫折を目前にした男の孤独な闘い、不満と不安が交錯して、不眠症が高じていた。酔った勢いで一気に寝るのだが、ものの2~3時間もすると目覚めてしまう。そうすると中医から「破裂寸前」と警告されていた胆嚢結石が疼いて朝まで眠れない。
他にも、様々な病根があった。
頭と首の付け根にある神経鞘の炎症が原因という激しい偏頭痛、血圧の上が170で下も100を越え、驚くことに心拍数が平常時でも毎分120に達した。頭髪が抜け落ち白髪が進む、乱視がすすんで文字が見えなくなる。鼻詰まりで寝られないからといって、まとめ買いしたルル点鼻薬を1週間に1本。さらに、胃が灼けるといっては太田胃散を毎食後2匙3匙。
便秘と下痢の繰り返し、脚が抜けるほど痛む座骨神経痛に夜な夜な苦しんで、マンション近くの按摩店で癒してもらう。季節の変わり目に必ずといってよいほど大風邪をこじらせて、激しい気管支喘息に苦しんだ。
そして最も厄介だったのが、漢方医が瘡(そう)と呼ぶ難病である。ゴルフボールほどの血膿の塊が顔面や耳たぶ、脇下などに吹きだして次第に体内へと移り、腹膜や胸膜にも転移するという難病である。内臓に病根があるというこの病気は、切っても切っても直ぐに体のどこかで血膿が膨らむという。
後のテレビドラマで高い視聴率を上げた韓国薬膳ドラマ「チャングムの誓い」で、朝鮮李王がこの病にかかり、チャングムに冬虫夏草を見つけさせたのだが、時はすでに手遅れ、衰弱して他界したというストーリーが見どころだったあの病気。そんな病魔が川浪の体内にもフツフツと芽生え、その度に「いつかは大手術になるんだろうな」と思いつつ、冷たい手術台にのぼっていた。
そして最大のピンチが訪れた、あれは2月になったばかりの寒い朝のこと。朝食に立ち寄った快餐店(ファーストフード)入口の階段で、突然と身体が反り返るほどの激しい目眩(めまい)に襲われた。凍てついた石の階段に激しく頭から突っ込んだ川浪は、遠のいてゆく意識の中で「頭を打ったよ、お父さん死なないで」と慌てふためく社員たちの叫び声を聞きながら、頭の芯の痺れとともに暗い谷底へと落ちていった。 

中国の正月となる春節は、黄河路のマンションで迎えた。快餐店の階段で打った傷よりも頸骨の捻挫の方が激しく痛んだ。しかし不幸中の幸いというか、中医からは脳内出血も頭蓋骨の挫傷も頸骨の損傷もなく「脳震とう、腎虚が原因の目眩(めまい)」だと診断された。
「腎虚」とは、腎臓の栄養が欠乏することから起こる体調不良だといわれている。亜鉛、鉄分などのミネラル摂取と安静が一番とアドバイスを受けたが、ここで寝てても身体が良くなるわけではないし冬虫夏草も上手くは育ってはくれない。
春節が明ければ氷も緩んで、春の陽気とともに冬虫夏草の菌糸にも勢いが戻ってくる。何とか頑張って体力と気力を回復させなければ、そして今度こそ成功させなければ、もう後がない。
次の寒い冬が訪れると、成功がまた1年延びてしまう。だから、仕事になるのは残すところあと半年。それから先は資金も底をついてしまうし、この体では再起も望めないだろう。
川浪の頭の中には「大陸乞食」という4文字が大きく浮かんでは消えていた。これは、チャイニーズ・ドリームを夢見て中国に進出して、失敗に失敗を重ねながら広い中国を彷徨う外国人浮浪者(中国人から見た)のことである。心の中では「この地で果てるのは川浪一族の宿命かも知れないな」と、断念の可能性を探っていたのかもしれない。


冬虫夏草に金色の虹を見た 

「春節」は、通常2月末から3月始めに巡ってくる。その前後の1週間は、漢民族を挙げて昼も夜も夜中も爆竹を鳴らし、ロケット花火を打ち上げてお祝いをする慣わしがある。
麗都花園22階、古びたマンションの窓ガラスのすぐ外にも花火が飛んでくる。パチパチという爆竹の絶え間ない炸裂音を遮断するように、川浪の目の前で花火が弾けて白い閃光が広がった。硝煙がたなびいてセピア色に染まった空をぼんやりと見上げながら、頭の中では、走馬燈のように巡りくる過去の情景をなぞっていた。
何とか、何とか成功のヒントを掴みたい。集中しよう、集中してもう一度、冬虫夏草の真の心髄まで見透してみなければ前に行けない。
眼をつぶると、大自然の山々で冬虫夏草を探し求めた懐かしい台湾阿里山や中国大自然の風景が浮かび、通りすぎていた。続いて阿里山の深い谷の斜面で採取した見事な冬虫夏草の一株が現れ、分厚い枯草を掻き分けると、鮮やかなオレンジ色でマッチ棒のような形状をしたキノコの根元に、腐葉土にもぐれた昆虫が付着していた。さらに掘り進んでみると菌糸は周辺の腐葉土に広がり、さらに瓦礫にまでくい込んでいる。
ということは・・・
昆虫、腐葉土、そして瓦礫に含まれているミネラルが、強靱な冬虫夏草を育てるにために必要な栄養条件なのかも知れない。
そうか、強い栄養成分をバランス良く組み合わすことで、必ずや強力な冬虫夏草が育つはず。相撲取りだってアスリートだってそうだ。いろんな食材をバランスよく食べることが、強靱な身体と見事なパフォーマンスを生みだす要素なのだ。
より強靱な昆虫と栄養豊かな腐葉土、それにバランスに優れたミネラルを配合した培地を作成すれば、大自然のそれと同じように、より強靱な冬虫夏草が出現するはずである。
久方ぶりに冴えてきた頭脳は、台湾大地震より3ヶ月ほど遡る6月、ちょうど川浪の誕生日に宿泊していた遼寧省海城市の海城大酒店に、忽然と現れた老人のことを思い出していた。
シワシワのビニール袋に入った一掴みの「何か」を渡してくれた老人。中国人としては珍しい銀髪と、古っぽい紺色の人民服を着た初老の男は「酒に漬けて、疲れた時に飲みなさい」と流暢な日本語で言い残すと、風のように去って行った。部屋に帰って袋を開けてよく見ると、間違いなく蟻だった。が、あのときは蟻が何なのかも知らなかったのである。
日本に帰ってそれにホワイトリカーを注ぎ、2~3ヶ月ほど漬け込んで恐る恐る飲んだ。忘れもしない、台湾大地震2日前の夜だった。それまで嗅いだこともない強烈な土っぽい香りが鼻孔を突き、鼻を摘んで飲み込んだ。その夜、あれほど辛かった座骨神経痛の痛みから解放されて、ぐっすりと眠った記憶が蘇える。
そうか、あの蟻が、まさしく噂に聞いた薬用蟻なんだろう。強い蟻、強靱な昆虫、そうか、薬用蟻から発芽する冬虫夏草・・・
突飛だけど、まさしく当を得た組み合わせかもしれない。薬用蟻で有名な長白山の「馬蟻」は、自重の300倍という餌を提げて巣まで帰るというし、体力減退した老人が探し求めて食べるというほど中国では有名だ。試してみよう。
それにしてもあの男は誰なんだろう。忽然とホテルのロビーに現れて、蟻を手渡して去っていった男。捜しだして、あの蟻の産地を教えてもらいたい。あの蟻を使ってみたら、この冬虫夏草も元気に育ってくれるかもしれないから。

さっそく老人と薬用蟻探しを始めてみたが、しかし、この広い中国であの男を見つけ出すことは東シナ海に落としたスプーンを探すに等しく、不可能に近い。もう時間がないのだから、のんびりと探すことだけを考えてはいけない。
それならば、中国で「凄い」と評判の高い蟻を集められるだけ集めてみて、自分が食べてでもテストをしてみるしかないだろう。
中国食用菌協会で知り合った各地の朋友に連絡を入れて、集めた蟻を粉にしてカプセルに詰め、手当たり次第に配って食べてもらう作戦に取り組んだ。その中に「擬黒多刺蟻」という、漢方医の間では極めて有名な薬用蟻があった。
数種類を取り寄せてカプセルに詰め、日本の友人知人に連絡を取っては送りつけて経過を待った。
その一人、大分の友人から連絡があったのは、郵送が届いた翌日の夕刻だという。電話の向こうで「痛風で寝たきりの祖父ちゃんに食べさせた。今、起き上がって、外で植木の刈り込みを始めてる」と、驚くべき声が弾んだ。
「よし、この蟻を使おう」
擬黒多刺蟻といえば、薬用蟻では超ブランド品だ。それに川浪が試食してみた結果と、友人からの連絡。決断するのに時間は掛からなかった。さっそく大連に帰って、この蟻をどのように使うかの検討に入る。
蟻に直接、冬虫夏草の菌糸や組織を植えつけるのは至難の業だろう。わずか体長6ミリ程度の蟻に組織を確実に植えつけるのは高等技術にほかならないし、手間もかかる。ならば、たくさんの薬用蟻に冬虫夏草の菌糸を振り掛けるのはどうだろうか。蟻の硬い表皮を突き破って、菌糸が入り込む確率は低い。それなら、たくさんの薬用蟻を砕いて遠心分離し、硬い殻から搾り取った内液を使ってみようか。しかしながら、この方法だと1キロの薬用蟻から10ミリグラムの内液も搾れない。そして辿り着いたのが(社外秘なので書けないが)・・・という方法である。
こうして抽出した薬用蟻成分と腐葉土に見立てた植物材料をベースに培地を作り、果物でPHを調整して培地を作り、その上面に、冬虫夏草の組織を植え付けてみた。これなら安易に効率よく作業できる。
茶褐色だった培地が白い菌糸で覆われたのは1週間後、さらに3週間ほど経つと培地表面がオレンジ色に染まって、おびただしい数の米粒を立てたような発芽を迎える。
驚いた、何だこれは、菌糸の伸長がえらく早いぞ。
加油(がんばって)!
そしてさらに2週間・・・
川浪は培地の表面に割箸の先ほどもある太い子実体がビッシリと密集する光景をこの目で見た。
「まさしく、金色の光だ・・・」
摘み取って食べてみようと、努力の結晶を1本引き抜いて口に含み、そっと噛みしめた。冬虫夏草特有の甘い香りが口腔に広がり、ゴムのような強い弾力を感じた。
「やったぞ、大成功だ」
擬黒多刺蟻をベースにした、強靱な冬虫夏草が見事に育ちつつある。これなら、2次培養でも3次培養でも活力が落ちることはない。大規模栽培に一歩近づいた、と確信したのは02年6月のことだった。

中国遼寧省の夏は過ごしやすい。日中の最高気温は30℃に達するものの、日陰に入ったり陽が落ちると、空気が乾燥しているからか、サラッとして気持ちがよい。それでも冬虫夏草にとっては少し暑いようで、28℃を超えると活性が急速に低下していた。
急ごう、成功はすぐ目の前だ。
そして、8月8日の立秋を境に菌の活性は再び上昇する。またもや、より強靭さを増すための試行錯誤と試作を繰り返す日々となった。
手持ちの資金は完全に底をついていて、あのセーフガードで日本から送り返された椎茸コンテナの輸送費、大連港通関費や冷蔵倉庫保管料も、取り扱ってくれた船会社(コンテナ輸送)に支払えない状況だった。仲が良かった公司総経理(社長)の李さんも「規則だから」と、裁判で大連渓流公司の銀行口座を差し押さえ、公司の業務は完全に閉塞状態に陥ってしまった。
開発に携わっていたスタッフ3人の給料は、擬黒多刺蟻の粉をカプセルに詰めて日本で売り歩き現金を稼いで、それを公司に持って帰ってから社員たちに配るという綱渡りが続いていた。
でも不思議なことに、辛さも苦しさも不安も消えていた。川浪のことを「お父さん」と呼ぶ社員たちは「心配しないで、私たちが大連空港で靴磨きしてでもお父さんを助けるから」と、励ましてくれていた。
その上にあの最悪だった体調も、薬用蟻が効いたのか育った冬虫夏草をプチプチちぎって賞味したのが良かったのか、痛みも疼きも遠のいていた。わずか半年前までは身も心もボロボロだったのに、それが、薬用蟻を使った冬虫夏草のお陰で一気に夢と希望へと代わっていった。

「それにしても」と川浪は想い出す。確か50才の誕生日の明けた朝、ハイチャンダァチュウテン(海城大酒店)に蟻を持ってきた男、中国人にしては珍しい銀髪と流暢な日本語を喋っていた。
ひょっとすると日本人なのかも知れない。でも日本人の誰も、どちらかというと田舎町の海城市に川浪が泊まっているなど、知るはずもない。
もしもあの汚い袋を「不好」といって捨てていたらどうだろうか、躊躇なくあの台湾大地震が起きた日に台湾に飛んでいた。
昼過ぎに桃園国際空港について、迎えてくれる張英敏の車に乗って阿里山に戻っていただろう。久しぶりに戻る川浪に会いたいと朋友たちが集まって、日本や中国の旅話しを語りながら、いつものように酒盛りをやっていたに違いない。
みんなで陳年紹興酒を十数本も酌み交わしたのちに、レンガ造りの研究所の椅子や床に転がって熟睡していただろう。そして午前1時すぎ、激震とともに瞬時に瓦解した。
ところが川浪は、あの薬用蟻、いや、あの老人を探そうとして中国に飛んだ。そのお陰で命拾いをしたのかもしれない。
そして強烈なパワーに引っ張られるように、台湾から中国に活動拠点を変えた。大きのこ村プロジェクトに没頭して大きな挫折を味わっているが、どん底のさ中で最後の最後に薬用蟻を試して、それが見事に成功へと導いてくれた。
想い起こしてみると、あの銀髪の男に薬用蟻を渡された日を境にして、命運を作動する巨大な歯車が切り替わったような気がしていた。 

冬虫夏草に運命の糸を見た 

厳しい大連の冬が来て、冬虫夏草の試作はお休みとなったが、この間に、多くの人に食べてもらって効能効果を確かめたり、食あたりなどのトラブルがないかを調査しておかねばならない。
川浪自身が半年以上も食べ続けているのだから悪い結果が出ないのは分かっていたが、やはり「絶対に問題がない」という揺るぎない自信と、数多くの体験録が欲しかった。
薬用蟻エキスをベースに冬虫夏草を育てるなんて世界で初めてのことだから、何が出てきても不思議ではないという一抹の不安はあった。
少しでも早くデータをまとめてPRして、輸入窓口や事業主体を決めなければならない。だけどそうした日本における活動には、ホテル代とか飛行機など、かなりの経費がかかるだろう。
しかし残念ながら、公司の手持ち資金はとっくに底をついていた。経費を捻出するには、日本にできた代理店の数人に薬用蟻のカプセルを売ってもらって小銭を集めるのが精一杯、他に方法はなかった。

そんな凍れる冬の朝、突然と、高校時代の同級生で親友のF君から国際電話が入った。
イベント業を営んでいるF君は「大手保険A社が代理店表彰式を北京の人民大会堂でやりたいそうだ。JAL航空北京公司に頼んだが、半年経っても回答がないらしい。調べてもらえないか?」というのだ。
人民大会堂といえば全人代(国会)が開かれる、日本でいえば国会議事堂に匹敵する施設で、北京市政府が所有し管理する中国随右の施設である。その3階にある小礼堂とは、党幹部500人が国家の方針と全人代の運営を話し合う重要で内密な会議室だ。そんな凄い場所を日本企業が使うなんて無理に決まってると思いながら、北京の朋友に連絡を入れてみた。
半日後だった、早々と北京から「北京市政府が許可してくれた。何でも市長の李さんが、川浪先生のことを知ってるそうだ」との連絡なのである。
F君に伝えると「本当か?」と、信じられなかったようである。あの大手航空会社でも無理だったのに、何で川浪が、しかもわずか半日で「OK」がもらえるのかと言うのである。

北京では珍しく大雪が積もった、とても寒い日だった。北京飯店で落ち合った川浪と公司の助理(通訳)そしてF君は、タクシーを拾って人民大会堂へと向かう。
約束の時間、大会堂に上がる階段には職員たちが2列に並んで敬礼をして、川浪たちはその列の間を恐る恐る登った。これは、最上級の客人に対する施設職員の儀礼なのだろう。
扉の前に、責任者の劉主任(所長)らしき若くて大柄な男が迎えに出ている。固い握手を交わした後に、中国13億人を掌握する国家中枢へと、足を踏み入れた。
メーン階段の踊り場には国宝級の彫刻が並び、大餐店(大会堂大宴会場)では、大天井に燦然と輝く巨大な国花・牡丹をあしらった大オブジェに度肝を抜かれた。
小礼堂は、映画館のように緩やかな階段状のフロアに深紅のビロードを被せた椅子が配されており、高級感は抜群である。
この豪華さの中で、社の威信をかけた表彰式をするとは、さすが世界に冠たるA保険である。夕食は大餐店(大会堂大宴会場)で、最上級のパーティをやりたいという希望だった。
なんと、料理はクリントン大統領が訪中の際に食べた同じメニューで、中国随一を誇る上海雑伎団の演技、看板役者を揃えた京劇の上演、二胡(胡弓)と西洋楽器の混成演奏で間を繋ぐのが希望だという。
さらにA社500人のゲストに酌をしたり料理を装う服務員が各テーブルに1人、通訳は同時通訳クラスを10人も用意すれば宜しいでしょう。
さらに大餐店の壁添いには、切り絵師や似顔絵師など中国で名工と賞される模擬店が並び、大会堂正面には「熱烈歓迎、A保険公司」の巨大な横断幕を掲げるようにしてほしい。
「これならどんなゲストをお呼びしても、満足してくれるに違いない」とF君はいうのだ。
眼が飛び出るような贅沢な演出である。だが、劉主任は平然とした表情で「全ていいですよ、政府日程が空いている時期ならいつでも契約させてもらう」と確約してくれた。
「夢を見ているようで、信じがたい」と、大会堂の階段を下りながらF君は盛んに首をひねった。日本にいるときは超難題だと考えてたのに、ここに来てみると何でもないことのように感じてしまう。こんなことって、有っていいのだろうかと。
「分かった、劉主任を夕食に呼ぼう。信じられるまで質問していいよ」
日本料理のテーブルを囲んで、劉主任と腹を割って話しができた。JALからの申込みは届いていないことや、北京市長が前任のとき、中国食用菌協会で川浪の講演を聴いていたことなど、いろいろと話してくれて、ようやくF君の疑問は確信へと変わった。

劉主任が提示してくれた見積額は50万人民元、日本円換算すると750万円に達する。500人のゲストとA保険のスタッフ、それに川浪らのサポートも含めると1人当たりで12000円の国際級パーティである。その上に上海雑伎団の総員40人、その航空機往復代金とホテル宿泊代金、機材を運ぶトラックが5台が往復、それに加えて京劇の出演料、舞台装置設営費用など、日本の常識から考えると、かなり安目の金額だといってもよい。
保険A社も即座に合意してくれて、大会堂側と川浪公司が契約し、川浪公司が保険A社代理人と契約する運びとなった。そして川浪は来るべき公演の打ち合わせのため、上海に飛ぶ。演目を視察したり日本人の好きそうなものを選別したり、プロデューサーと入念な打ち合わせを進めなければならないからだ。
劉主任からの連絡はすでに雑伎団に寄せられており、応対してくれたプロデューサーの周は「大餐店の公演はとても緊張します、失敗ができないから」と直立不動で応対してくれた。
その他にも、劉主任の手配は抜かりがなかった。
「大丈夫、全て確認した」と、早々にも成功を確信した。日程も5月7日に決まった。記念すべき壮大なパーティーが中国国家の中枢で行われる。

ところが、切り替わったと思われていた「運命」という歯車が、またまた瓦解の方向に柁を切ったようである。思いもしなかったことが、深く静かに進んでいたのだ。
準備万端、残すところ2週間に迫った4月24日に、F君から、暗い声で電話が入ってきた。思ってもみなかった「SARSが怖いから中止にしてほしい」という連絡である。
「SARSって何だ?」
中国大連にいる者にとって、中国国内で危険極まりないニュースは逆に入りにくい。だから突然と「SARSが怖い」といわれても、理解できなかった。
聞くところによると、SARSとはコロナウイルス感染による急性呼吸器疾患で、中国広州が感染源となって徐々に拡大しているという。日本ではもっぱら、このニュースで持ちきりだそうである。
「またもや瓦解が始まった」
頭の中で、何かがバラバラと崩れ落ちてゆく。またしても行く手を遮ろうとする、眼に見えない巨大すぎる壁。台湾プロジェクトも中国きのこ村もそしてこの表彰式典も、どれもこれも同じように段取りを完璧に終わらせているのに、関与する仕事の全てが瞬時に崩壊してしまう。
「運命」に逆らわないようにと冬虫夏草の夢を実現させながら、親友の助けになればとの想いでやったことなのに。あれも駄目、これも駄目だというのは、あまりにも酷いじゃないか。誰とも付き合うなというのか、困った人がいても無視してしまう、そんな薄情な男になれというのか、川浪は天を仰いだ。

悔やんでばかりはいられなかった。精一杯の好意を示してくれた劉主任にキャンセルを伝えて、精算のお願いをしなければならない。巨大な横断幕も発注しているだろうし、雑伎団も、川浪が打ち合わせしたとおりに大餐店の天井高に合わせた機械器具に改造してくれている。飛行機やホテルのキャンセル代、服務員たちのキャンセルフィーなど、すでに、かなりの費用がかかっていることだろう。
保険A社サイドの契約では、開催日より2週間を切った中止には違約金として契約額全額を頂戴するように取り決めていた。そしてまさしく、キャンセルの連絡が入ってきたのが、ちょうど2週間前。契約違約なのか、それとも無償のキャンセルなのか微妙な日取りである。
危ない思惑が頭をかすめた・・・
保険A社から「2週間に達してないから無償キャンセルが成立する」と指折り数えられ、劉主任からは「残り2週間を12時間ばかり周っているから清算する」という展開になったらまずいな。台湾でも中国きのこ村でも、最後の最後に致命的な大損をした。そしてこの度もまた、大損を被りそうな雰囲気になってきた。

あれは、キャンセルの連絡を受けた日から3~4日経ったゴールデンウィークの直前だった。保険A社サイドから「キャンセルは私どもの要望だから、全額をお支払いする。中国政府の感情を害せぬよう、上手く対処して欲しい」との意向が寄せられた。
そして5月初旬、劉主任から、思ってもいなかった回答が返ってきた。
「SARSは中国が起こした問題。川浪先生には多大な迷惑を掛けた。よってキャンセルに掛かる代金は不要だ」というのである。
「いやいや、キャンセルフィーは保険会社が支払ってくれるので、私にとって何の負担もない」と言っても、劉主任は頑なに拒むのである。
そして数日後、北京に飛んで劉主任と面談。払う、要らないの押し問答が続いたが、結局、北京政府がキャンセル料の受領を正式に拒否したのである。
予定どおり開催していれば50万円程度の薄い利益だったろうが、SARSのお陰で一挙に800万円近い大枚が転がり込んできた。契約を遵守してくれた保険A社にはまことに気の毒だったが、公司はこれで息を吹き返した。

朝日が昇るように幸運が続いた。川浪の研究や実績を知った食用菌協会の研究者たちが、続々と会いに来てくれて「日本にキノコ菌床を輸出したい」というのである。台湾でやっていたようにシイタケ、タモギタケ、エリンギ、霊芝、キクラゲ、そして川浪が名づけ親となった「つくし茸」を輸出して、日本では川浪が栽培指導をするという、得意のビジネスだ。あっという間に毎月4~5コンテナを日本に運ぶほどに急成長して、米ドルが絶え間なく流れ込んできた。
社員も増やした。
手狭になった事務所を、大連で一番の目抜き通りである人民路、大連富麗華大酒店(フラマーホテル)の斜め向かいに建った白亜の超高層ビル、虹源大厦(ホンイェンターシャ)34階に移すことを決めた。
「冬虫夏草も見事に完成したし、キノコ菌床のビジネスも順調。この虹源大厦を起点として、日本まで大きな虹を架けよう。日本の皆さんにクイックで健康を届けたい」と社長室の全面ガラス張りの窓から、はるか日本の空を仰ぎ見た。
そしてその思いが通じたのか、日本の総代理を希望する大証・東証1部上場のE社と20万菌床、貿易総額6000万円に達するビッグビジネスが進んでいた。
川浪はSARSのさ中、東京に飛んで冬虫夏草の事業性、安全性、効能効果、栽培方法などを説明し、そして2004年1月、契約締結とともに着手金として2000万円余が大連の銀行口座に振り込まれたのである。
思い返せば1年前、自然界のように元気な冬虫夏草が出現しないことを嘆き、苦しみ、酒浸りになって身体を壊し、頭を強打して病院に担ぎ込まれていた。そして薬用蟻を思いついて、あっという間に完全復活したのである。
手塩にかけた擬黒多刺蟻ベースの冬虫夏草20万菌床を日本に持って入ったのは、2004年3月30日。ちょうどその頃、もう一つの「運命」という大きな歯車がゆっくりと始動していたのである。


次ページは冬虫夏草で癌にリベンジ(日本編)

がん対冬虫夏草 アイコン 04 健康広場アイコン 冬虫夏草の成分アイコン

癌にリベンジが始まった(中国編)
Copyright (C) 2011/03/01-2021/10/15
FOOD INNOVATIONBG ORG.