本サイトは(一社)日本自然療法協会によって公開しています

軽作業・安全・簡単・高い利益率
熱い視線が注がれる冬虫夏草の栽培
冬虫夏草栽培 冬虫夏草の栽培の特徴は軽作業で衛生的です。半透明のカップに入っているのが、冬虫夏草を発生させる菌床です。写真のように、普通の民家でも汚すことなく、衛生的で安心栽培が可能です。
椎茸ハウスのように高度な設備は不要。温度管理は家庭用の冷暖房機で、湿度管理は右のような小型軽量噴霧器だけ。そして上のような棚を作って並べるだけだから、驚くほど設備費がかかりません。 冬虫夏草噴霧器
冬虫夏草カップ 直径10センチ、高さ10センチ、重さは2個併せでテープ止めして(左)300g。だから、子供でもお年寄りでも安心の軽作業です。
菌床(右)から数多くの冬虫夏草がニョキニョキ成長してきます。納入からわずか2~3ヶ月で、こんなに大きくなりました。1つの菌床からは25~30g(乾燥重量)ほど収穫が可能です。 冬虫夏草発芽
冬虫夏草収穫 カップ(上)から取りだした冬虫夏草を子実体と菌糸体に切り分けます。設備は家庭用の包丁とまな板、そしてザルぐらいです。子実体は高価な生薬として、菌糸体は一般的な健康食品の主原料として加工されます。
子実体(右)と菌糸体は別々に乾燥します。乾燥機は普通の椎茸乾燥機。子実体は約14時間乾燥、菌糸体は6時間。これで、秦の始皇帝も楊貴妃も探し求めた冬虫夏草が完成。たったこれだけの行程です。 冬虫夏草乾燥
冬虫夏草商品
健康食品を製造するには、専門の製薬会社に依頼しましょう。顆粒・ドリンク・錠剤などが最新の工場設備を駆使して作られ、素晴らしいサプリメントに生まれかわります。

冬虫夏草を栽培するなら上の施設がお勧めです。耐用性・耐震性・全天候型の施設で、冷暖房費が殆ど要らないので、極めて経済的。しかも炭酸ガス削減設備として、環境省の補助金対象となる可能性もあります。
10000菌床を栽培するには幅7.5m×長15mの断熱遮光性ハウスが安心で経済的です(詳細は写真をクリック)。
この設備で250~300kg(乾重)の冬虫夏草を収穫。その内、菌糸体200kgを加工すると約10000箱のサプリメントが完成。上の商品(美修樂ゴールド)だと販売定価(上代)は4800円です。
冬虫夏草は基本的に腸内フローラを整え、酵素の活性を促すと言われています。その結果、腸内や体内の細胞に溜まった化学成分を中和し分解して排泄することから「身体に優しい食べ物」として多くの方々に喜ばれています。
お問い合せ:092-717-3301川浪まで
BDサイエンス公式   アイコン 03 冬虫夏草スポーツ  冬虫夏草ショップアプリ


障害者数と癌による死亡者数の比較
下グラフは、平成23年に内閣府が発表した「身体障害者の状況(基本的統計より)」です。ここでいう障害者とは、障害者基本法第2条に定めた身体障害、知的障害または精神障害があるため、継続的に日常生活または社会生活に相当な制限を受ける児童・および成人を指しています。背景がピンク色は現在よりさかのぼる50年間のデータ、背景がブルー部分はこれから17年先までの障害者数と癌死の予測数です。
障害者と癌
これによると、障害者数は、不思議なことに癌が原因による死亡者数とほぼ同じ増加率で推移していりことが分かります。
障害者数と国民医療費の50年比較
次の統計表は、癌が原因による死亡者数と国民医療費50年間の推移をまとめたものです。
背景がピンク部分は現在よりさかのぼる50年間のデータ、背景がブルー部分はこれから17年先までの癌死亡者数と国民医療費の予測数です。この2つのグラフ見ると、この50年間で障害者の増加率が4倍、癌による死亡者の増加率も4倍で推移していることが分かります。
この2つの統計を比較してみると、癌も障害者もほぼ同じような増加傾向を示していますが、これはいったい何故なのでしょうか・・・
食品添加物の摂取量も同じ増加率
政府厚労省が認可した食品添加物の種類は1519品目にのぼります。内訳は、化学成分などの指定添加物=454品目。苦汁(にがり)のように戦前からあった既存添加物=365品目。果物・ハーブから抽出した天然香料=600品目。りんごジュースのような一般的な飲食添加物=100品目にのぼります。これらの添加物を日本人は下グラフのごとく大量に摂取しており、その増加率は障害者や癌の死亡者の増加率とほぼ同じ、50年間でおよそ4倍に膨張しています。
そのうえに、酸化還元など加工補助物質や栄養強化の目的で使用される化学物質については「直接摂取ではない」という理由で、食品添加物の表示を免除されます。
こうして化学物質は我々の身体に注ぎ込まれ、消化されることなく腸や細胞に蓄積して障害児誕生の引き金となり、さらには癌を発症して、多額の医療費を費やす要因となっていることが分かります。
上の3つのグラフを精査すると、子供や可愛い孫たちが社会を担う20年後には、1年の癌の死亡者が50万人、国民医療費は65兆円、そして障害者数は650万人に膨張するでしょう。その時には、医療費の自己負担率が50%を超え、国民は病魔に怯えながら生活をすることになるでしょう。
そんな日本にならないよう、我々が一致して「食事革命」を拡げてゆかねばなりません。
癌メカアプリ 癌成分アプリ 癌対決アプリ 癌にリベンジ

冬虫夏草の栽培と障がい者に最適な農業
Copyright (C) 2011/03/01-2018/01/10
一般社団法人 日本自然療法協会