安全な水を地球のどこでも飲めるようにするには、森林を流れる渓流を参考に。そこには岩や金属など、ミネラルが溢れる。  SDGs_06
 
数千万年の間、森林を流れる日本の渓流が清らかさを維持しているのは何故だろうか。太古の昔から無数の生物が生まれ、排泄物をたれ流し、屍と化しているのだから、悪害菌やウイルスに満ち満ちた非常に汚染された場所になっていて当然である。ところが、人間が手を入れていない森林は、延々と清らかさと美しさを保ち続けている。
糞尿や屍など有機物を分解するのは細菌。細菌やウイルスなど微生物を分解するのがミネラル、このミネラルが有する「触媒作用」こそが、森林や渓流の清らかさを数千万年も保ち続けているのである。 
 

以下、制作中