阪南サラダホール
乳ガンがリンパ節に転移
 大阪府阪南市
石沢きみ子(75)
去年(2019年)夏、左乳房のしこりが大ききなっていることに気づきました。乳ガンではないだろうかと思いましたが、まさか私がなるなんてと心の中で打ち消しておりました。
9月にはいると、しこりは触ると饅頭のように大きくなり、乳房全体も腫れて重苦しさを感じるようになりました。手遅れになると大変だからということで、すぐ近くの「りんくう総合医療センター」で検査をしてもらうことに。
血液検査の後に造影CTスキャン・骨シンチグラフィ検査を受けましたがその結果、担当してくださる先生からは次の診断がありました。 
8月28日:血液検査:CEA 25.3
9月18日:左乳ガンステージⅢ(腫瘍40mm)、腋窩リンパ節転移
担当の先生は、切除手術で乳房全摘して抗ガン剤治療をしなければならないと仰るもんですから、そのショックから、心の病だったパニック症状が出てしまいました。それはそうでしょう、いくらお婆ちゃんだといっても女は女なんですから、乳房を失うことは辛すぎる選択だし、抗ガン剤といえば頭髪がなくなってガイコツのよう目がくぼんで死んでゆく患者さんを想像してしまいます。激しい拒否反応から錯乱状態に陥り、先生をはじめ病院には大変なご迷惑をおかけしました。
そしてその日から、乳房を失わないために、髪の毛がなくなり副作用に苦しまないために、最大限の情報を集めるべく努力をしなければならないと、心に決めました。
 
 連載/近日投稿します