顕微鏡を覗いてみると




癌細胞に冬虫夏草水溶液を添加 48時間後
国内A製薬研究室が実施したBGS冬虫夏草の「腫瘍細胞増殖抑制測定」の実写データを添付しましょう。これによると、冬虫夏草水溶液を添加して48時間後には肝癌細胞数の85%が(破壊ではなく)消滅するという測定結果がでています。但しこれは実験データであって、癌が治るということを表現したものではありません。
実験方法など詳細についてはここをクリック

癌細胞に冬虫夏草水溶液を添加 72時間後
上の試験データはBGS冬虫夏草の細胞阻害データ(赤線)と、他社の昆虫に菌糸を注射して発芽させた冬虫夏草の比較試験です。
使用細胞は人間肝臓癌細胞で、72時間後の癌細胞阻害率の比較ではBGS(赤線)が95%以上の癌細胞の活性を阻害したという結果が明らかになっています。但しこれは実験データであって、癌が治るということを表現したものではありません。


Back !