高級なペルシャ絨毯に砂をばら蒔いたように小腸絨毛の奥深く絡まってしまった化学物質(異物)を、フーズ・イノベイションで除去できるか検討してみた。
腸絨毛の化学物質を除去するには 
食事革命トップ
小腸絨毛の谷間に絡まった残留農薬に含まれる重金属、食品添加物に含まれる化学合成物を、フーズ・イノベイション(食事革命)で除去できるだろうか。正常な腸の状態なら、腸粘液で押し出して煽動運動で押し流すというメカニズムになるが、腸の老化が進むと煽動が弱まって便秘が高じ(宿便)押し出すことも洗い流すことも困難で、また医薬(下剤)に頼っても容易に排出はできません。そんな腸の状態を改善するには、フード・イノベイションを実行するしか方法はありません
カルシウムを溶解できる腸は弱酸性
腸内細菌の働きを把握するために、身近なカルシウム化合物を例にあげて説明します。右の牛乳・チーズ・メザシなど動物系の食材に含まれるのリン酸カルシウムです  カルシウム含有野菜
また、海藻・ヒジキ・小松菜・高野豆腐など主に植物系の食材には炭酸カルシウムが含まれます。
食品やサプリメントに含有されているカルシウムの殆どがこの2つの成分ですが、このどちらも、水や胃酸で分解しません。 
絨毛異物を溶解するメカニズム
腸内乳酸菌①
ビフィズス菌



腸内乳酸菌②
ラクトバチルス菌



腸内乳酸菌③
フェカリス菌
 
これらカルシウム化合物が水で分解するなら、骨や歯が簡単に溶ける論理になり、胃酸で溶けるならば、即座にカルシウムと胃液(塩酸)が化合して危険度の高い塩化カルシウム(融雪剤)に変化するでしょう。結局は、分解も化合も溶解もされないままで小腸に達して多くが絨毛の谷間に蓄積し、消化排便活動を阻害します。カルシウム・サプリメントを食べるとよく便秘する方はこのケースです。
小腸でカルシウム化合物を分解するのが、腸内細菌です。左のようにビフィズス菌・ラクトバチルス菌・フェカリス菌は代表的な腸内乳酸菌ですが、甘いお菓子を食べて歯磨きをしない時に歯を溶かすのはラクトバチルス歯です。
これが口腔に増殖すると乳酸が産生され、歯間は弱酸性の環境に変わります。弱酸性の環境でカルシウム化合物(歯)は時間をかけて溶解し、次第に穴が開いて虫歯が形成されます。この例が、水にも胃酸にも溶けないカルシウム化合物が腸内細菌が産生する乳酸によって溶解するという実例です。
カルシウム化合物を含む食材が小腸で腸内細菌(乳酸菌)によって溶解し、やがて腸壁で生成された腸液によって絨毛の谷間から押し出され、分解吸収されるようになります。
カルシウム成分に限らず、亜鉛やセレンなど多くの不溶性化合物(水に溶けない食品添加物)も同じように弱酸環境で溶解され分解吸収されたり、残余物は大腸に向けて排泄されます。

ソーセージやワインの酸化防止剤(乳酸菌の活動を阻害する化学成分)を度々摂取すると、前述のように腸内の乳酸菌が弱酸環境を作れなくなるので、カルシウム化合物も化学合成物質も重金属も分解排出されずに絨毛間にとどまり慢性拒絶を起こして、ウサギの耳の実験のとおりに周辺の上皮細胞が癌化し始めます。この癌化を止めるのが、フーズ・イノベイション(食事革命)です。



腸内に善玉菌を増やすには


腸絨毛に絡んだ化学物質を除去|食事革命
Copyright (C) 2011/03/01-2019/08/28
一般社団法人 日本自然療法協会